「自分がいらんことをした」エスパルス主将・権田修一が明かす、残留争いのなか当たってしまった“嫌な予感”(二宮寿朗)

siteowner/ 12月 26, 2021/ ニュース

「自分がいらんことをした」エスパルス主将・権田修一が明かす、残留争いのなか当たってしまった“嫌な予感”(二宮寿朗)

「自分がいらんことをした」エスパルス主将・権田修一が明かす、残留争いのなか当たってしまった“嫌な予感”(二宮寿朗)

「ここで特定の選手の名前を挙げるのはあまり良くないかもしれないと思うのですが……。今年1年間、同じGKで試合に出られなくても毎日クラブハウスに一番早く来て準備している大久保(択生)選手。彼が毎日熱い姿勢で練習していたおかげで自分の体がしんどくても、彼の顔を見ていると絶対に頑張らなきゃって思わせてもらい...

はてなブックマーク - 「自分がいらんことをした」エスパルス主将・権田修一が明かす、残留争いのなか当たってしまった“嫌な予感”(二宮寿朗) はてなブックマークに追加