ロシアの「ディストピア」を予見した作家ウラジーミル・ソローキンの懸念 | ウクライナ侵攻は「母殺し」

siteowner/ 5月 8, 2022/ ニュース

ロシアの「ディストピア」を予見した作家ウラジーミル・ソローキンの懸念 | ウクライナ侵攻は「母殺し」

ロシアの「ディストピア」を予見した作家ウラジーミル・ソローキンの懸念 | ウクライナ侵攻は「母殺し」

その奇妙で難解な作風ゆえに、これまでほとんど英訳版が出版されず西側諸国ではあまり知られていなかったウラジーミル・ソローキン。だが、ソローキンが描き続けてきた悪夢が現実になったことで、彼の作品にスポットライトが当てられた。常々ロシアの政治体制を過激なメタファーで批判してきた作家は今、何を思うのか。 ...

はてなブックマーク - ロシアの「ディストピア」を予見した作家ウラジーミル・ソローキンの懸念 | ウクライナ侵攻は「母殺し」 はてなブックマークに追加