校長の美談「野球を辞める気だった教え子が最後にホームランを打ち、今も弱小大でプロを目指してる」→打った方が本当に幸せだったのか考えてしまった話

siteowner/ 11月 26, 2021/ ニュース

校長の美談「野球を辞める気だった教え子が最後にホームランを打ち、今も弱小大でプロを目指してる」→打った方が本当に幸せだったのか考えてしまった話

校長の美談「野球を辞める気だった教え子が最後にホームランを打ち、今も弱小大でプロを目指してる」→打った方が本当に幸せだったのか考えてしまった話

麻布警察署 @63cities 中学校で校長先生が「野球をやめると決めていた教え子が最後の試合で人生初のホームランを打った」「試合には負けたが彼は今でもプロを目指して大学の弱小野球部で白球を追っている」という話を美談として語ってたけど彼の人生はあのホームランを打ったほうが本当に幸せだったのかなと今でも思い出...

はてなブックマーク - 校長の美談「野球を辞める気だった教え子が最後にホームランを打ち、今も弱小大でプロを目指してる」→打った方が本当に幸せだったのか考えてしまった話 はてなブックマークに追加